旨い店はタクシー運転手に訊け! 東京・板橋で絶品すぎる「山形冷やしラーメン」が食べられる名店『大木』がスゴい

旨い店はタクシー運転手に訊け! 東京・板橋で絶品すぎる「山形冷やしラーメン」が食べられる名店『大木』がスゴい
食楽web

「旅先で旨いものが食べたければ、タクシードライバーに聞くのが一番」と言います。そこでB級グルメに精通する現役運転手・荒川治さんにイチオシのお店へ案内してもらいます。

 季節は巡り、もう春ですね。暖かな陽差しで、早くも汗ばむ陽気の日もあって、ちょっとひんやりスッキリしたものが食べたくなります。そこで今回ご紹介したいのは山形のご当地ラーメン「冷やしラーメン」です。

 最近では東京でも食べられるお店が増えてきましたが、私がとくに好きなお店は板橋区大山にある『大木(たいぼく)』。ご主人が山形のご出身で、こだわりの「山形名物冷やしラーメン」(800円)がいただけます。

山形が生んだ冷やしラーメンとは?

オープンして6年。東武東上線・大山駅徒歩1分の線路沿いにあります
オープンして6年。東武東上線・大山駅徒歩1分の線路沿いにあります

 店先の大きなのぼりには「牛骨あっさり山形ラーメン」とあります。私がお気に入りの理由は、まさにその牛骨スープなんです。

 ところで「山形冷やしラーメン」を食べたことがない人のために少し説明しておくと、温かいラーメンを冷やしただけのものでもありませんし、酸味のある「冷やし中華」や「冷麺」とも全く別物です。醤油味の中華そばを、冷たくして食べられるように、新しくスープを開発した食べ物なのです。では、なぜ東北の地で冷やしラーメンが誕生し、発展を遂げたのかというと…。

 まず、山形県民は、年間1世帯あたりの外食における「中華そば」の支出金が全国トップと言われるほどラーメン好き。だから春夏秋冬いつでも中華そばを食べます。そして夏の山形といえば、日本でも最も暑く、最高気温40℃以上を叩き出す猛暑の地。そこで県民はクールダウンするための様々な習慣が身についており、中でも猛暑日は「冷やしラーメン」が定番なのです。

ご当地の冷やしラーメンは、氷を入れて出す店もあります
ご当地の冷やしラーメンは、氷を入れて出す店もあります

 そして「冷やしラーメン」の元祖が、山形市にある『栄屋本店』。同店のホームページによれば、そばやうどん、中華そばを出していたところ、お客さんから「冷たいそばと同じように冷たい中華そばが食べたい」とリクエストされ、1年がかりで冷やしスープを完成させて、昭和27年に発売したんだそうです。そのスープこそが、あっさりとした牛骨スープなのです。

「山形名物冷やしラーメン」(800円)
「山形名物冷やしラーメン」(800円)

『大木』の「山形名物冷やしラーメン」の牛骨スープは、濃い醤油色で、ひと口飲むと、胡麻油がふわりと香り、牛脂の旨みが押し寄せます。冷たいスープというのは、熱々のスープにはない直球勝負なところがあって、旨みや塩味の塩梅がダイレクトに伝わってきます。ですから最初の一口目のインパクトはかなり大事です。

 そして、ポイントがもう1つ。温度変化が少ない冷たいラーメンは、途中で飽きがち。しかし、ここのは不思議なくらい、最後の一滴までくどくならず、むしろ癖になってくるような味わいなんです。

 山形から取り寄せているという多加水麺をこのスープにくぐらせると、ツルッ、モチッとした麺の表面にスープがしっかりとまとわりつきます。さらに秀逸な点といえば、トッピングの牛肉です。低温調理の柔らかい牛肉は、まるでローストビーフのよう。お肉の旨みがたまりません。

見るからに旨そうな“美肉”ぶり
見るからに旨そうな“美肉”ぶり

 ご主人の大木茂さんによれば、決めてはやはりスープだそうで、牛骨と香味野菜、煮干しなどの魚介系で出汁をとっているとのこと。この配合比率にも非常に試行錯誤したと言います。また、冷やしラーメンと温かいラーメンの大きな違いは油。くどくなく、それでいてコクとインパクトを持たせる工夫は、お見事だと思います。

 牛肉をたっぷり使って作るのに、良心的なお値段が嬉しくて、私は、暑くなると『大木』に足が向きます。ぜひ、皆さんもあっさり牛骨スープの「山形冷やしラーメン」を試してみてください。ちなみに、同じ牛骨スープで作る温かいラーメンの「チャー牛めん」(限定20食1000円)は牛肉がたっぷりのっていてまるで肉料理。こちらも美味しいですよ!

(撮影・文◎土原亜子)

●SHOP INFO

大木 外観

店名:大木

住:板橋区大山東町60-15
TEL:03-5944-2615
営:11:00〜21:00 (コロナウィルスの影響により当分の間、閉店を18:00にしています)
休:月

●プロフィール

荒川治

東京都内在住のタクシー運転手。B級グルメ好きが高じて、現職に就き、お客さんを乗車させつつ、美味い店探しで車を回している。中年になってメタボ率300%だが、「死神に肩をたたかれても、美味いものを喰らって笑顔で死んでやる」が信条。写真検索で美味しそうなモノを選び、食べに行って気に入ればとことん通い倒す。でもじつは、自分で料理を作ることも好きで、かなりの腕と評判。

引用元:BIGLOBEニュース