【祝紅白出場】コーポの一つ屋根の下で「King Gnu」を支える彼女たち《スクープ撮》

 令和初の「NHK紅白歌合戦」の初出場を決めた4人組のバンド「King Gnu(キングヌー)」のボーカル、井口理(さとる・26)とベースの新井和輝(かずき・27)が東京郊外にある家賃7万円台のコーポで共同生活を送り、バンド活動を支えてきた恋人がいたことがわかった。「週刊文春デジタル」では11月、井口と新井のそれぞれの彼女との微笑ましいデート模様を撮影した。

King Gnuのメンバー(常田大希のTwitterより)

 2019年1月に発売されたアルバム「Sympa」でメジャーデビューをはたしたKing Gnu。代表曲「白日」はドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」(日本テレビ系)の主題歌に抜擢され、ストーリミング総再生数は1億回を突破。今、若者から絶大な支持を受けている。

ボーカル・井口の“破天荒キャラ”

「バンド名の由来は、『ヌーのように群れが増えて大きくなる、高みを目指すバンドにしたい』という、東京藝術大学中退のリーダー・常田大希(27)の発案。メンバーは常田の幼馴染みで同じく藝大の声楽家出身のボーカルの井口、ミュージシャンの両親を持つドラムの勢喜遊(27)、ジャズ出身でベースの新井。あの米津玄師もTwitterで《彼のセンス最高よ》(2017年9月29日)と絶賛しています」(スポーツ誌記者)

 特筆すべきは井口の“常識破り”なキャラクター。今まで絡んだことのない有名人やオバマ元大統領、ジャスティン・ビーバー、NASAにまで自身のミュージックビデオを送りつける。

「今年2月、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に初出場した際、井口は奇妙な動きで階段を駆け降りるパフォーマンスを披露。『爪あとを残すためにやった』と後にラジオで発言していたので、紅白でも何かやらかすのでは、と注目されています。プライベートでは昼近くまで酒を飲み続けて記憶をなくしたり、ラジオでたびたび風俗に通っていると発言するなど、下ネタ全開。“破天荒キャラ”を演じているのでしょう」(スポーツ誌記者)

「家に出入りする可愛らしい女の子をよく見かけます」

 そうした華やかな音楽活動とは裏腹に、井口と新井は東京郊外にある家賃7万円代のコーポでつましい共同生活を送っている。コーポの住民に話を聞いた。

「ここは築数十年で、古い建物だから、お年寄りが多いんだけど、(井口と新井の2人は)数年前から住んでいてイマドキの若者には珍しく挨拶をしてくれる。とても礼儀正しい子たちですが、生活は夜型で終電近くに帰ってくる。週末には明け方まで部屋で飲み会をしており、缶チューハイのゴミが大量に出されています。家に出入りする可愛らしい女の子をよく見かけます」

美女たちと井口は焼肉、新井はびっくりドンキーへ

 11月17日、ライブを終えた井口は、会場に来ていた女性と板橋区内の焼肉店にタクシーで来店。女性は高畑充希似の美女のA子さん。井口に「ツアー中は御飯食べてるの?」などと声をかけ、井口はリラックスした表情で答えていた。2人は駅前のロータリーでタクシーに乗り込むと共同生活を送るコーポへと帰っていった。

 一方の新井は11月26日の深夜、井口と共に帰宅。その後、部屋に待たせていた有村架純似の美女・B子さんを連れ、自転車を2人乗りして大通りを走ること10分。向かった先は庶民的なハンバーグレストラン「びっくりドンキー」だった。

 食事をすること1時間、店を出ると新井とB子さんは自転車に2人乗りで、件のコーポへと帰っていった。

「ベースで地味に見える新井くんだが、ファンからは『ベースの音がエロい』などと評価も高く、女性にもモテる。家庭的な一面があり、ラジオでは井口の服を洗濯をしていることを話していた」(前出・スポーツ誌記者)

朝帰りの2人を直撃

 12月6日朝、渋谷での飲み会から帰宅した井口と新井を直撃した。写真を見せると、井口は「元カノです。昨日別れました」、新井は「あ、コレ彼女ですね」と回答。井口はA子さんと長年の仲だったという。紅白出場について、井口は「適当にやろうかなって感じです」と話した。

 2人の微笑ましいデートの模様や直撃取材の様子を収めた動画は「 週刊文春デジタル 」で公開中です。

 リニューアルした「週刊文春デジタル」は、月額880円(税込)の価格はそのままに「雑誌記事1年分」と「Web記事&動画1年分」、あわせて約2400本の記事&動画が見放題! リニューアルを記念して2019年12月中は「初月無料キャンペーン」を実施中です。この機会にご入会をください。

https://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

引用元:BIGLOBEニュース