中板橋駅エリアレポート

中板橋駅は、東武鉄道東上本線の駅で、所在地は板橋区弥生町、駅番号はTJ05です。

2017年度の1日平均乗降人員は28,527人となっています。2016年は27,777人、2015年は27,607人、2014年は26,961人、2013年は27,093人、2012年は26,527人など、1日平均乗降人員は増減しながらもここ4年ほどは微増しています。

池袋駅までは乗り換えなしで約7分、新宿駅は約18分、東京駅は約28分、渋谷駅は約24分、品川駅は約39分、横浜駅は約52分と、どこに行くにしてもアクセスが良く通勤・通学に便利です。駅から徒歩圏内に都営バス、国際興業バス、関東バスの路線バスのバス停があり、赤羽駅や新宿駅、高円寺駅、王子駅などに向かうこともできます。

ときわ台駅との距離は700mほどで、東上線内で2番目の短さです。

どんな人が住んでいるのか

中板橋駅周辺半径300メートル以内には、どれくらいの年齢層の人が住んでいるのか、国勢調査のデータをもとに見ていきましょう。

該当エリアの人口総数は6,508人で、中板橋駅のある板橋区の人口561,916人の約1.1%となっていて、中板橋駅付近に多くの人口割合が集中しているというわけではなさそうです。

男女比は、男性約49%、女性約51%となっていて、若干女性の方が多くなっていますが、ほとんど差はありません。年齢別では20代前半〜40代後半までが特に多く、比較的幅広い年齢層の方が中板橋駅付近に住んでいることがわかります。

次に、世帯数についても見ていきましょう。

このエリアの世帯総数は3,739世帯で、そのうち約60%が単身世帯で約40%が2人以上世帯となっており、単身世帯の多いことがわかります。ただし、ファミリー層も一定数あり、20代前半〜40代後半の人口割合が多いことから、今後2人以上世帯や核家族世帯が増えていく可能性も十分考えられそうです。

どんな人が住んでいるのか

中板橋の地価(総平均)は、2018年は49万7,000円/㎡でした。以下はここ10年間の地価となっています。多少の増減はありながら、緩やかに上昇をしています。2018年は上昇率も高いため、来年以降も上昇を続ける可能性があります。

中板橋駅ってどんなところ

中板橋駅周辺には商店街や「まいばすけっと」「よしや」「アコレ」「サミットストア」などのスーパーがあるため、普段の買い物は駅周辺で済ませることができます。スーパーは23時〜24時まで開いているので、帰宅が遅いときでも安心です。北口側には交番もあります。人通りも多くはないため、静かに暮らしたい人にも人気があります。物価も安く、のんびりとした雰囲気です。

中板橋駅付近のグルメ

中板橋駅付近には、リーズナブルな価格でおいしい食事を楽しめるお店が複数揃っています。中板橋駅北口から徒歩3分程度のところには、おいしいタイ料理・タイカレーが味わえる「ビエンチャン」があります。タイ人家族で営むお店でアットホームな雰囲気の中で、本場のタイ料理が楽しめます。また、北口から徒歩4分のところには、老舗中華料理店「味楽」があります。非常に手頃な価格でラーメンやワンタン、チャーハン、酢豚、八宝菜など、王道中華メニューを味わうことができます。安くておいしいため、毎日でも通いたくなるお店です。駅から徒歩2分の場所にはおいしいケーキやバウムクーヘン、コーヒーが味わえる洋菓子店「欧風菓子 白鳥」もあり、甘い物が好きな方も満足です。他にも、多くの飲食店があり、外食を楽しむことができます。

中板橋駅の子育てのしやすさ

中板橋駅周辺には、「なかいたばし さくらほいくえん」「板橋区立保育園弥生」「メリーポピンズ中板橋ルーム」「キンダーナーサリー中板橋園」「わかたけ保育園」「陽光保育園」など、他にも多くの保育園があります。昔ながら街並みで閑静な住宅街、そして川や並木道など自然も多いためのどかな雰囲気の中で生活ができます。ファミリー向けの戸建てやマンションも多く、家賃相場はそれほど高くはありません。石神井川は春は桜が見れてきれいです。ハッピーロードという商店街やスーパーもあり、比較的治安も良いため安心して子育てができます。

中板橋駅は、都心へのアクセスが良い駅でありながら、周辺の家賃相場はそれほど高くありません。閑静な住宅街で、昔ながらの商店街やスーパー、飲食店などもあり、のんびりと日常生活が送れます。単身者・ファミリー層どちらも暮らしやすい環境です。